メインイメージ

しじみが持っているオルニチン

アミノ酸は、私たちが生きていくために必要不可欠な成分です。
特に体内で合成することができない必須アミノ酸は、食べ物から摂取することが必要となるため重要です。
最近は健康志向の方が多くなっていることもあり、必須アミノ酸の種類などをよく理解されている方も多くなっていますが、疲労回復効果、また肝臓の働きをサポートする等の働きを持つオルニチンはしじみに含まれている必須アミノ酸として有名です。

しじみに豊富なこの成分は「お酒が好きな方」にとって非常に知名度が高い成分です。
疲労回復効果のほか、注目されるのは肝臓の働きを強固にサポートしてくれるという点です。
アミノ酸の中でも血液の中を循環する遊離アミノ酸に属しています。
通常アミノ酸というと、筋肉や肝臓に含まれているという印象がありますが、血液内を循環するアミノ酸の種類もあり、その一つがオルニチンです。
しじみのほかに、チーズ、パンなどにも含まれています
しじみはこの成分がとても豊富なのです。

肝臓に効果的というオルニチンは、オルニチンサイクルに働きかけます。
このサイクルは、体内で有害物質となるアンモニアを肝臓で分解するという働きです。
人が生きていく上でエネルギーを利用する際に、どうしても生まれてしまうアンモニアは人体にとって有害な物質です。
アンモニアが体内で過剰状態となると疲れやすい、疲労を感じやすいなどの弊害が出てきます。

ここでしじみに含まれるオルニチンが効果を発揮します。
摂取することで肝臓機能をサポートし、オルニチンサイクルが正常化します。
オルニチンを積極的に摂取することで肝臓がしっかり働ける環境を作ってくれるのです。
またこのほかにも、筋肉や骨を作るなどアミノ酸としての働きもしっかり行われるので、新陳代謝を活発にし肌への効果も期待できます。
成長ホルモンを分泌するという働きもあるため、細胞もが元気になります。
しじみを大量に摂取http://xn--68jc1j2g3bxd7c0eyhf4g.com/7.htmlするというのはなかなか難しい事なので、サプリメントや健康食品等を利用して積極的に摂取したいものです。

トップに戻る