メインイメージ

血液中に溶け込むオルニチン

しじみに豊富な成分、オルニチンは二日酔いに効果があるとか、肝臓の機能をアップさせる等の高い健康効果を持っていることで注目されています。
オルニチンは、必須アミノ酸の中でも遊離アミノ酸と呼ばれる種類です。
この遊離アミノ酸というのは、他のアミノ酸のようにタンパク質になるのではなく、不足したアミノ酸を補うなどの形で単独で働く機能を持っているアミノ酸です。

アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分類されます。
このうち必須アミノ酸と井野は、体内で合成できないため、食べ物などから摂取し体内で利用することになります。
オルニチンは体内で合成できない必須アミノ酸なので、十分な量を食べ物で得ることが必要なのですが、なかなか人の健康に役立つ量を食べ物で摂取することができないため、オルニチンサプリメントなどの商品が人気となっているのです。

オルニチンは遊離アミノ酸として血液の中に溶け込んだ状態で体内を巡り、肝臓ではアンモニアなどの有害物質の解毒を行うなど、体内で重要な働きをしています。
血液内に溶け込んだ状態であるからこそ、肝臓のサポートなども有効に行う事が出来るのです。

肝臓は解毒や代謝、産生を行うなど、体の中の化学工場と呼ばれています。
毒性のある物質を解毒することによって無毒化し排除する、また血液内でコレステロールと結びつくオルニチンと胆汁酸を利用して消化吸収に欠かす事のできない胆汁を作るという働きも持っています。
つまり、肝臓がうまく働かなくなると、食べ物を消化吸収する力というのも失われてしまう事になります。

肝臓の病気になると、体内の色々なところにその症状が出てきます。
血液には老廃物や毒素が多くなるので血液の質が悪くなります。
コレステロールを利用して胆汁を作るなどの利用で消費できなくなるため、コレステロールが血液内に多くなり動脈硬化、血栓などを作り出してしまう事もあります。
遊離アミノ酸、血液の中に溶け込んでいるオルチニンだからこそ、肝臓の働きに強く作用出来るのです。


トップに戻る