オルニチンとアルギニン

しじみにはオルニチンという必須アミノ酸が豊富http://xn--68jc1j2glenc5mmcw096bzw0b.com/に含まれています。
必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸で、食事から摂取する必要があります。
必須アミノ酸ではありませんが、アミノ酸の中にアルギニンという成分がありますが、このアルギニンは非必須アミノ酸です。
体内で合成することが可能ですが、能力が十分得られないことから、食事から不足分を摂取する必要があります。
そのため、準必須アミノ酸ともよばれる成分です。

オルニチンサプリメントに含まれている成分を確認すると、オルニチンはもちろんですが、アルギニンが共に配合されていることが多くなっています。
共に成長ホルモンと深い関係にある成分であり、単体で成長ホルモンの分泌を促すなどの働きを持ちます。
ただ、オルニチンはアルギニンを、アルギニンはオルニチンを原料として生成されるという特徴を持っているため、一緒に摂取することで相乗効果を発揮するといわれています。
特に子供の頃には生成できない必須アミノ酸的な要素を持ち、生体内で合成される年齢になり、その後加齢によって生成量が低下するという事があるので、サプリメントなどで必要量をサポートすることが大切なのです。

また免疫力を高めるという効果も持っています。
アルギニンは免疫細胞マクロファージを強く、働きを活性化するという作用を持っているため、病気にならない、また病気になっても改善が早い強い体を作ってくれます。

オルニチンは脂肪燃焼効果があり、ダイエットにも良い効果を発揮しますが、アルギニンもダイエットに役立ちます。
成長ホルモンの分泌を促す成分であるアルギニンですが、成長ホルモンは「食欲を抑制する」という効果があるため、実勢に食欲抑制剤として利用されていることもあります。
また死亡代謝の促進作用、筋肉増強作用もあるため、ダイエットに利用したい成分という事もわかります。
お互いにお互いを高め合う相乗効果を持っているアルギニンとオルニチンを、サプリメントやしじみなどから効率よく摂取し、健康に美容に役立てていきたいものです。